分子機械関連株

たったいま発表されたノーベル賞。
残念なことに日本人の受賞とはならなかった。

分子機械

今回のノーベル賞受賞理由が分子機械についてだったので、この分野のパイオニア新海征治氏がノーベル賞をとってもおかしくなかったのではないだろうか?

分子機械

分子機械について簡単に話していきたい。

分子機械とは、ナノスケールで制御された機械的動きを起こす分子、あるいは分子複合体のことで、大きく2種類に分かれている。

生体分子機械

生体分子機械は生体内に存在するタンパク質で、分子モーターとも呼ばれている。方向性のある動きによってなんらかの機能を発現する。

合成分子機械

合成分子機械は有機化学的に合成された分子マシンであり、光、熱、pH変化、酸化還元などの外部刺激に応じて分子の構造が変化し、ナノテクノロジーの中で化学的な領域の一角を占めるものとして注目を集めている。


今年のノーベル賞受賞者

・仏ストラスブール大学のジャンピエール・ソバージュ氏
・米ノースウェスタン大学のフレーザー・ストッダート氏
・オランダのフローニンゲン大学のバーナード・L・フェリンガ氏
の3名が受賞された。

授賞理由は「分子機械の設計及び合成」とのことだ。

独自の目線で今回の関連株を紹介していくぜ。


分子機械関連株

<4204>積水化学工業

分子機械の開発をしていて、歩いてデリバリーをするような分子ロボットを実現させるなど、関連株として関係は深いと考えられる。

<5108>ブリヂストン

強固な高分子複合体で摩耗速度を60%低減の発表があったことから分子関連株でも目が離せない。

<3103>ユニチカ

ユニチカのメイン繊維事業だけでなく高分子事業・機能材事業などにも進出していることから関連性があるとみている。

<6245>ヒラノテクシード

電気・電子・高分子化学の高精度薄膜塗工で業界をトップを誇っていることで注目しているぞ。


一言

分子機械分野で、パイオニアとしてたびたびノーベル化学賞候補に挙げられている新海征治氏はこれまでに、Wiley社が発行する世界的に著名な化学雑誌であるAngewandte Chemie 誌のアドバイザリー・ボードの委員を2000–2009年に務めたこともあり、世界的有名な人だ。

今回も受賞とならなかったが、来年こそはノーベル賞を必ずとってくれる気がビンビンするぜ。

日本人の受賞がなかったのが残念だったが、明日からの株式市場に影響はあると考えられるぜ。
明日の株式市場から目を離さないでおこう。


安全で無料で使える投資顧問一覧

株は情報をどれだけたくさん集められるかが勝負になってくる。無料で豊富な関連銘柄についての情報を得られるなら絶対に利用すべきだ!ただし、利用するサイトは安全なサイトなのが一番!!下記は俺も参考にさせてもらっている超がつくほど安全で、知りたい情報が無料で入手できる優良なサイトなので、とにかくまだ利用してないなら是非とも無料から利用してみてくれ!個人的には3つ以上登録すると色んな情報が揃って使い勝手が良いと思うぜ!


株マイスター


株マイスター


無料推奨銘柄から、銘柄相談、そして多彩なコラムなど、営業歴の長い投資顧問とあって、そのコンテンツの充実ぶりには圧巻されること間違いなしだ!今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できるぞ。ちなみに、下記のリンク先では、無料推奨銘柄の直近の実績や、銘柄相談の実際の返答内容などがしっかりと紹介されており、どんなサービスが受けられているのかがしっかりと確認できる。ひとまずはそれを確認してから、登録するかどうかを決めるんでも悪くないと思うぜ!





メッセージをよろしく!



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)