高温関連銘柄 猛暑を先取りした買いに期待

高温関連銘柄

今年は早い時期から各地で高温を記録するなどの暑い日もあったりで、早くも夏を感じさせているな。ただ、気温の高い日が続けば個人消費が伸びやすくなる。賃金水準の上昇で家計収支が改善している世帯も少なくないとみられる中、気温が平年を大きく上回る日が多く発生しており、そこから高温関連銘柄が物色される可能性がおおいにありそうだぜ。

 

春前半は夏を思わせる高温の日も

春を迎えた日本では、気温が高い日が続いた。桜前線が例年より早く北上し、花見イベントの開催を急遽前倒しするケースもあった。4月中にすでに一部の観測地点で真夏日となる日があるなど、全国的に高温傾向がみられた。高温により百貨店では夏物衣料の販売が好調となっており、個人消費が高温により刺激されていると言えるな。

こういう時は、体が暑さに慣れていない人も少なくない時期のため、アイスクリームや清涼飲料など、涼感を味わえる商品の販売も伸びやすいと考えられる。衣料品についてはバーゲンによる本格的な値下げ前であり高めの単価での販売に期待できるほか、アイスクリーム等は夏本番と比べて供給余力が大きい。高温は企業が売上のみならず利益率も高めるチャンスを生むこととなるぜ。

 

気象庁の長期予報では今夏は高温の可能性が高い

春に高温傾向がみられている今年の日本だが、気象庁の長期予報によれば今夏も高温の可能性が高いらしい。夏が高温となれば高温関連銘柄への注目度がさらに高まるはずだ。

具体的には、夏の暑さをしのぐ際に欠かせないエアコンなどの電気製品の販売が伸びやすくなる。2009年5月にスタートしてエコポイント制度から10年弱が経過していることから、猛暑予想に合わせて買い替え需要が高まる可能性があるぜ。

また、実際に猛暑となればエアコンの利用が伸びて電力消費量が多くなる。電力自由化で顧客流出に苦しむ電力会社にとって猛暑は朗報だ。さらに、熱中症防止などを意識して外出しての買い物を控える動きが出れば、インターネット通販の利用に追い風が吹くぞ。今夏が猛暑になる確率が高いとの予報が続くかどうかを注視したいぜ。

 

高温関連銘柄 本命

<8242>エイチ・ツー・オー・リテイリング 

株ファイター期待度 ★★★★★

阪急百貨店・阪神百貨店を運営している。高温により夏物衣料の販売が伸びれば、売上高・利益増への期待が高まる。関西の百貨店はインバウンド需要の取り込みでも力を発揮しており、高温がさらなる追い風となれば買いを集めやすくなる。

 

高温関連銘柄 対抗

<2503>キリンホールディングス

株ファイター期待度 ★★★★☆

飲料ビジネスに取り組んでいる。高温傾向が続けばビールや清涼飲料の販売増につながる。円高にも強いディフェンシブ銘柄で、アメリカの金利上昇への懸念が高まるなどして相場全体の上昇力が低下した際にも安心感がある。

 

高温関連銘柄 単穴

<6367>ダイキン工業

株ファイター期待度 ★★★★☆

国内外で多数のエアコンを製造している。猛暑予想が本格的に意識されるようになれば、エアコン販売増を見込んだ買いを集めやすい。事業領域が限定的なためテーマ株として注目されれば株価が急騰しやすい点も魅力だ。

 

高温関連銘柄 連下

<4985>アース製薬

株ファイター期待度 ★★★★☆

殺虫剤製造に強みを持つ。高温傾向が続き害虫の発生時期が早まれば殺虫剤の利用が伸びやすくなる。昨年はヒアリ関連銘柄として大きな注目を集めたことから、短期筋の間でも認知度の高い銘柄だ。業績は堅調だがやや割高感がある点には要注意と言える。

 

<9503>関西電力

株ファイター期待度 ★★★★☆

大手電力会社であり、原発比率が高い。電力自由化に伴い大阪ガス等への顧客流出が進んだが、今年に入っては大口顧客に取り戻しなど明るいニュースもある。大飯原発の再稼働で値下げを実施すれば顧客を確保しやすくなり、猛暑による夏場の電力需要増の恩恵が拡大する。

 

<2268>B=Rサーティワンアイスクリーム

株ファイター期待度 ★★★★☆

アイスクリーム店を多数展開している。高温傾向が続けばアイスクリーム需要が高まる。高温は好天によりもたらされる場合も少なくなく、外出者が増えればアイスクリーム店の来店機会も増える。身近な小型株であり、個人投資家からの買いにも期待しやすい。

 

高温関連銘柄 大穴

<4755>楽天

株ファイター期待度 ★★★★☆

猛暑で外出を控える動きが出れば、インターネット通販の利用増につながる。携帯通信事業への参入が懸念されて株価は大きく下落してきたが、既存事業における安定性が意識されれば買戻しの動きが強まる可能性もある。

 

関連銘柄の情報元

なお、今日の高温関連銘柄は、こちらのサイト


>>株エヴァンジェリスト<<

の材料情報をもとに参考にさせてもらっているぞ。

ここで取り上げた情報よりもさらに細かく詳細やロスカットの目安なんかも載っているので、是非ともチェックしよう!

 

まとめ

高温関連銘柄は、春に高温が続いていることから注目を集めている。夏にかけて高温傾向が続くと予想されていることがさらに注目度を高めるはずだ。

酷暑となれば外出を控える動きが出るなどの懸念こそあるものの、高温傾向は消費を促進しやすい。家計の余裕資金を取り込みやすい体制を整えている銘柄を中心に、売上・利益増を見込んだ買いを集める可能性があるぞ。

そして高温関連銘柄には個人投資家にとっても身近な銘柄が多い。外国人投資家の買い戻しによる日本株市場の反発に乗り遅れた個人投資家が値上がり益を狙うチャンスも小さくない。海外でハイテク株の将来性が不安視される中で、将来性ではなく着実な業績増を見込みやすいテーマとしても高温関連銘柄は評価できるぜ。

今日も記事を読んでくれてありがとな!

 


アツいオススメ投資顧問

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)