ペプチド医薬品関連銘柄が上がる?!

ペプチド医薬品関連銘柄

株ファイターさん、こんにちは!先日、合弁会社「ペプチスター」を設立するとの発表がありましたが、今日はペプチド医薬品関連銘柄について教えてください。

「ペプチスター」は、ペプチドリーム、塩野義製薬、積水化学工業が共同出資して今年9月1日に「特殊ペプチド」の原薬製造を行う合弁会社として設立するようだな。次世代の医薬品とされるペプチド医薬品の原薬を国内で製造することを目指しており、高額な抗体医薬品と比べて価格を抑えられるメリットがあることからも注目だぜ。

増大する医療費を抑制する効果に期待できますね。

日本では医療の進歩に伴って、医療費の増大が問題となっている。高齢化が進展していることもあり、医療費は今後も増加傾向となるだろうからな。

医療費を抑制するためには薬剤価格を抑える方法がある。実際、「オブジーボ」などの抗体医薬品の薬価を引き下げたことで日本の医療費を抑制する効果が見られた。ただ、薬価の引き下げに医療費抑制を依存すると、製薬企業が高額な研究・開発費を投じづらくなってしまう。そこで、そもそも高額になりがちや抗体医薬品に取って代わるペプチド医薬品の開発が期待されているんだ。

最先端の医薬品を日本企業が開発することができれば、大きな収益が見込めるぞ。ペプチスターは日本企業が互いにペプチド医薬品開発の分野で協力する姿勢の表れであり、出資する3社はもちろん、その他の関連銘柄にも要注目だぜ

国内に製造拠点を置くことで日本企業への恩恵が期待できますね。

医薬品開発の分野で先進的な取り組みを行う企業が設立されることは決して珍しくない。バイオ・医薬品分野は世界的に成長性に期待できるため、各国で多くの新興企業が見られる。

しかし、ペプチスターは日本国内に製造拠点を置く点に特徴がある。日本にも医薬品を製造する企業は少なくないが、海外からの輸入割合が高いという課題がある。海外からの輸入依存度が高ければ、多くの需要が見込める医薬品を開発・製造したとしても日本企業への恩恵は限られる。

ペプチスターがペプチド原薬の開発に成功すれば、世界市場に向けた医薬品を日本国内で大量に製造できることとなろう。日本の各企業が高度な技術を持ちよる形で製造に参加すれば、多くの医薬品企業の業績アップにつながることが期待できるぜ。

改めて、ペプチド医薬品関連銘柄が注目されている理由とは何なのでしょう?

ペプチド医薬品関連銘柄は、医療費の抑制が課題となっている日本において、医療費抑制への貢献が期待されるペプチド原薬の製造を目指す新興企業が設立される見通しとなったことから注目を集めている。日本国内に製造拠点が置かれれば日本経済への恩恵も大きくなると見込まれ、関連銘柄の数も多くなるぞ

医薬品ビジネスの分野では、研究・開発費が重荷となったり、収益源の医薬品が特許切れとなったりして業績が思わしくない企業も見られる。しかし、ペプチド原薬を日本で大規模に製造することができる時代となれば、多くの医薬品企業が好業績となるだろう。

業績不振の銘柄は株価が値下がりしているケースもあることから、関連銘柄として爆発すれば高い利益率に期待しやすい。株価の大化けに期待できる関連銘柄へしっかり投資しておきたいところだ。

 では、実際にペプチド医薬品関連銘柄として注目の企業があれば教えてください!

そうだな、まず俺のオススメは、<4587>ペプチドリームだ。同社はペプチスターに出資する企業で、歴史は浅いが早くも東証1部上場を果たすなど成長ペースの速さに期待できるぞ。ペプチスター社がペプチド原薬の大量製造に成功すれば真っ先に恩恵を受ける企業の1つといえるからな。創薬を効率よく行うための技術も有していることから他企業による創薬活動からも収益を上げるチャンスがあるぜ。

本命としては<4507>塩野義製薬だろうな。同社はペプチドリームと共にペプチスターに出資を行う企業だ。大手医薬品企業として多数の医薬品を開発・製造しておりすでに収益は十分に確保できているが、ペプチスター社への出資でペプチド原薬ビジネスを成功させればさらなる飛躍が期待できるぜ

次に<4204> 積水化学工業だ。同社はライフサイエンス事業のほか、不動産事業など事業の多角化が実現できている企業だ。ライフサイエンス事業の規模は決して大きくないが、ペプチド原薬製造が本格的に実現すれば収益柱の事業に成長する可能性を秘めているぞ

次は<4555>沢井製薬だな。同社はジェネリック医薬品製造ビジネスに取り組んでいる。ペプチド原薬は医療費抑制につながることから、関連銘柄として医療費抑制目的で利用促進がなされているジェネリック医薬品ビジネスに取り組む企業へも注目しておきたいぜ

中穴としては<2784>アルフレッサ だな。同社は感染症の早期発見に役立つ診断キットを製造するなど、医療費抑制につながる予防医療や検査に関わるビジネスに取り組んでいるぞ。医療費抑制が急務となっている日本で、ペプチド原薬といった医薬品費用の削減と合わせて予防医療が注目されればアルフレッサにとって追い風となるぜ

中穴としては<4565>そーせいグループだな。創薬ビジネスに取り組むベンチャー企業で、市場からの注目度は高い。ペプチド原薬を低コストで製造し得る技術をもつJITSUBO社を連結子会社としていることから、ペプチスター社設立をきっかけに注目が集まる可能性があるぞ

中穴としては<4592>サンバイオだな。同社は抗体医薬品の先を行く治療として注目されている再生医療ビジネスに取り組んでいるぞ。ペプチド原薬も抗体医薬品に取って代わることが期待されており、共通項がある。コスト削減のみならず新たに治療可能な病気が増えるメリットもあり、将来性に期待が持てるぜ。

なお、今日のオススメ銘柄はこちらのサイト

>>株プロフェット<<の材料をもとに参考にさせてもらっているぞ。

ありがとうございます!それでは最後に一言お願いします!

ペプチド医薬品関連銘柄は次世代の医療を支えうるビジネスを展開している。複数の角度から医療費の抑制につながるビジネスを展開している企業に注目しておきたい。

以上、株ファイターさんでした!今回もありがとうございました!

いつもこのブログで紹介している銘柄は、この下で紹介している俺がオススメする優良な投資顧問をいつも参考にさせてもらっているぞ。
材料に裏付けされた銘柄や最新の注目銘柄の情報を更に詳しく知りたい奴は、そこからも是非入手してみてほしい!
今日も記事を読んでくれてありがとな!

 

ペプチド医薬品関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<4587>ペプチドリーム

ペプチド医薬品関連銘柄 本命

<4507>塩野義製薬

<4204> 積水化学工業

<4555>沢井製薬

ペプチド医薬品関連銘柄 中穴

<2784>アルフレッサ 

<4565>そーせいグループ

<4592>サンバイオ

 


アツいオススメ投資顧問

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)