災害対策関連銘柄が上がる?!

災害対策関連銘柄

株ファイターさん、こんにちは!7月上旬に九州北部を中心とする豪雨が発生しましたが、今日はこの災害対策関連銘柄について教えてください。

今回の豪雨は、多くの住宅が浸水するなど大きな被害が出ているな。日本では豪雨災害のほか、地震の発生や火山の噴火といった災害に見舞われることがある。2011年の東日本大震災では大規模な津波の発生により未曽有の被害が発生した。そういったことからも、国民はもちろん、国や地方自治体も災害対策への関心を高めている。

梅雨前線と台風3号の影響で九州北部に甚大な被害が出ましたね。

本当に辛い災害となったな。7月上旬は梅雨の時期で雨が多いが、2017年は台風3号の襲来もあって一部地域に雨が集中した。九州北部では建物が流されるほどの大雨・洪水となり、福岡県や大分県では特別警報も発令された。被災した地域ではまず復興に取り組むことになるが、復興後は災害の再来を防ぐべく、災害対策が進められることになるだろうな。

また、今回の豪雨災害では九州北部が被災したが、日本全国で被害の大きさが広く報じられていることから、全国的に防災意識の高まりが見込めるぞ。多くの死者を出した東日本大震災から5年以上が経過し、やや防災意識が薄れつつあったところでのこの大規模災害は、災害への備えの重要性を再認識するきっかけとなるだろう。地方自治体や国も防災対策に対して積極的に予算を投じることとなる

早く復興できる事を願うばかりですね。こういった災害は地球温暖化に伴う異常気象なのでしょうか。

日本では大雨・洪水を含めた大規模な災害が近年、頻発している。これは地球温暖化に伴う異常気象の増加が背景として指摘されているんだ。真夏の時期になればゲリラ豪雨による被害も懸念されるしな。ゲリラ豪雨は突発的に発生するため、事前の被害予測が困難なだけに、避難が遅れがちにならないよう、家屋等に十分な防災対策を施しておくことが肝要と言える。

地球温暖化には一定の対策が講じられているものの、米トランプ大統領がパリ協定から離脱するなど足並みの乱れもある。

今後も温暖化は進行するとみられており、異常気象がより頻発かつ過激化するかもしれないな。地震や火山噴火による被害を受けることもある日本は災害大国であるが、その反面、防災対策大国にもなりうる。災害の多発というマイナス面を克服するためにも、災害対策によるビジネスの発展が実際の災害へ大きな手助けになるぜ。

では、災害対策関連銘柄が注目されている理由とは何なのでしょう?

災害対策関連銘柄は、九州北部を中心とする大規模な豪雨災害が発生したことから注目されているのは先ほども言ったとおりだ。復旧・復興時には災害対策が強化される可能性が高いため、災害対策ビジネスへの恩恵が必然的に生まれる

また、日本各地で災害対策についての関心が高まることが見込まれる。国や地方自治体が災害対策に力を入れれば、官需により関連企業の業績が押し上げられることになるぞ。また、国民が災害に対する関心を高め、防災グッズ等の販売が伸びることも期待できる。さらに企業も活動継続のために一定の防災対策を行う必要がある。災害が多い日本では今多くの企業が災害対策関連ビジネスに取り組んでいるんだ。需要増に対応して業績を伸ばせる見通しが立てば、関連銘柄への資金流入が活発化するだろう。

 では、実際に災害対策関連銘柄として注目の企業があれば教えてください!

そうだな、まず俺のオススメは、<1822>大豊建設だ。同社は雨水貯留施設を整備している。地下に大量の雨水を貯留することで洪水を防止する効果が期待できる。アスファルト舗装が多い都市部では排水能力に課題があるが、貯留施設があれば洪水リスクが低減される。地下施設のため都市中心部にも設置しやすく、環境への悪影響も小さい。

本命としては<5287>イトーヨーギョーだろうな。同社は集中豪雨対策製品を複数製造している。例えば、洪水時にマンホールのふたが持ち上がり落とし穴と化す事態を避けるうえで役立つふた浮上防止マンホールを製造している。他にも、路面の冠水を防止するシステムなど、豪雨対策に役立つ製品が見られるぞ。

次に<4825>ウェザーニューズ だ。同社は、全気象情報を提供する民間企業だ。災害対策には建物や道路への投資も大切だが、的確な気象情報に基づく迅速な対応も効果的だ。気象観測システムを着実に強化しており、災害の予測精度向上に期待できるぞ。防災目的で自治体とのコミュニケーション体制を整備するなど、社会への貢献度も高いぜ。

次は<9233>アジア航測だな。同社は土砂災害対策ビジネスや、災害時の航空写真撮影ビジネスに取り組んでいるぞ。九州北部で発生したような豪雨災害に際して、事前対策と災害発生後の対応のいずれにも絡む企業と言えるな。7月7日にストップ高となるなど災害対策関連銘柄としての関心は高い

中穴としては<9768>いであ だな。同社はソフト・ハードの両面から防災対策に取り組んでいる。災害に強い建築工事を行うだけでなく、気象データ等に基づく災害リスクの分析などを実施しているぞ。スマートフォン等の電子機器が広く普及していることから「ライフレンジャー」ブランドにおける気象情報の配信も避難行動につながり防災に役立つだろう

次に<6502>東芝だな。半導体部門の切り離しに向けた動きが見られるなど先行きが懸念されている。しかし、災害対策分野ではロボット開発事業に取り組んでおり、事業の将来性に期待できる。また、防災システム事業は東芝が経営資源を集中させるインフラ関連だ

あとは<1926>ライト工業だな。地盤改良ビジネスに取り組んでいる。豪雨災害を防ぐためには導水方法を工夫するだけでなく、地盤改良も有効だ。集中豪雨で地盤が緩み土砂崩れが発生すると建物が押しつぶされたり、人間が生き埋めになったりするリスクがあるからな。斜面付近に立地する建物も少なくないことから、大規模豪雨災害を機に地盤改良ビジネスが拡大する可能性があるぜ。

なお、今日のオススメ銘柄はこちらのサイト>>株エヴァンジェリスト<<の材料をもとに参考にさせてもらっているぞ。

ありがとうございます!それでは最後に一言お願いします!

災害対策関連銘柄は、九州北部を襲った豪雨災害をきっかけに注目を集めている。日本は災害大国であり、豪雨のほか地震や火山噴火に伴う被害も懸念される。人命の確保に関わる事業だけに、将来性も十分と言えるぞ。

以上、株ファイターさんでした!今回もありがとうございました!

あ!そうそう!
この下には俺がオススメする優良な投資顧問をいくつか紹介している!
興味がある奴はそっちの方も是非とも目を通してみてくれ!
今日も記事を読んでくれてありがとな!

 

世界陸上関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<1822>大豊建設

世界陸上関連銘柄  本命

<5287>イトーヨーギョー

<4825>ウェザーニューズ 

<9233>アジア航測

世界陸上関連銘柄  中穴

<9768>いであ 

<6502>東芝

<1926>ライト工業

 

 


アツいオススメ投資顧問

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)