キャッシュレス関連銘柄 上がる銘柄

キャッシュレス関連銘柄

株ファイターさん、こんにちは!!今日はキャッシュレス関連銘柄について教えてください。

みよちゃん、今日もよろしくな!!日本は海外に比べてキャッシュの利用率が高い国と言われている。しかし、東京オリンピックも控えてキャッシュレス決済比率を引き上げる取り組みが官民で行われているんだ。

世界でキャッシュレス化が進んでいると聞きました。

そうだな。キャッシュレスとは現金のやり取りなしで決済がなされることを指すわけだが、現在海外ではキャッシュレス化が急速に進行していて、スウェーデンでは2007年をピークにキャッシュの流通が減少し、メインの決済手段はカードやスマートフォン向けの決済アプリとなっているんだ。2016年の現金流通額のGDP比率は1.48%となっていて、日本の20%と比較すると極めて低い。

また、インドでは昨年の11月に高額紙幣が廃止され電子決済の普及が急ピッチで動いている。また欧州でも500ユーロ紙幣が廃止になるようだな。高額紙幣の廃止は犯罪防止や脱税目的の不正蓄財の洗い出しに効果的なほか、スマホや社会インフラの普及にも繋がるから、どこでもキャッシュレス化によって良い変化をもたらしているぞ。

なるほどです!でも日本は現金社会ですが、今後どのくらい普及しそうなんでしょうか?

海外でキャッシュレス化が急速に進行するのに対して、日本では現金の保有が増えている状況だ。第一生命経済研究所の調査によると2017年の2月末時点で43兆円ものタンス預金があると考えられてて、前年同月比から8%も増加している。日本人はへそくり好きだからなぁ。

この原因としてマイナス金利の導入に伴う銀行預金金利の低下が挙げれんだが、それでも様々なリスクの伴うタンス預金を保有するのは経済合理性がないといえる。根本的に日本は従来から現金社会だからな…電子決済端末の普及が遅れているのは事実だ。

日本クレジット協会の15年版統計によると、クレジットカードや電子マネーの使用比率はアメリカで40%、韓国で85%のところ、日本では17%しかないらしいぞ。

日本でもキャッシュレス化が進んでるように思っていましたが、世界と比較するとなかなか進んでるとは言えない状態なんですね。では今キャッシュレス関連が注目されはじめてる理由は何なんでしょう?

逆をいえばまだ普及が甘いからこそ、今こうやって普及に向けて動き、注目されているという事でもある。

実際に、こうした日本の現状に対して、金融庁と経済産業省が中心となり対策が急がれているんだ。政府が6月にまとめる成長戦略の中の「フィンテックの推進」において、10年間でキャッシュレス決済比率を40%に引き上げる方針が盛り込まれたらしく、訪日観光客が多く集まる都市を中心に電子決済の設置を急いでいる模様だ。2020年に東京オリンピックも控えてるからな。前々から、訪日外国人から対策を求める声が多かったキャッシュの引き出しの課題を解決して、受け入れ体制を整備する動きの一環といえるぞ。

あと、政府は公共投資によって電子決済端末の導入を支援する見込みだ。レシートの電子化なんかも進める模様で、2020年までに大都市の主要施設や観光地で100%キャッシュレスを目指すと意気込んでるようだ。

キャッシュレスはフィンテックの流れの中でこれまでの注目されてきたが、こうした政府の動きを受けてフィンテック関連銘柄の中でも特に注目を集めることになっている

なるほど。今まさに普及に向けて急発進!といった感じなんですね。では、実際にキャッシュレス関連銘柄として上がりそうな銘柄があれば教えてください!

そうだな、まず俺のオススメは、<3623>ビリングシステムだ。同社はインターネット決済やスマホ決済を手がける金融サービス企業だ。決済代行やクイック入金などを強みとしており、独自サービスであるスマートフォン決済アプリ「PayB」はメガバンクなど大手金融機関と業務提携しサービスの展開を行なっているぞ。金融庁と経済産業省がキャッシュレス決済比率を高める方針と報じられたことを受け、株価も大幅に上昇している。電子決済を強みとしていることから今後もさらに注目を集めそうだ。

本命としては<4847>インテリジェント ウェイブだろうな。同社は大日本印刷傘下の金融関連ソフトの開発会社だ。カード決済システムでは首位の他、キャッシュレス決済を推進するスマートフォン決済システムに注力しており、業績は急速に伸びているぞ。サイバーセキュリティへの注目の集まりから、内部情報漏洩対策分野や標的型攻撃対策分野を強化しており、この販売も好調に推移していることから、セキュリティ関連銘柄としても注目されている企業だ。

次に<2428>ウェルネットだ。決済代行の大手企業だが、電子決済のワンストップサービスや、プリペイド型電子マネー、電子チケットサービスを強みとしている。中国人の交通機関利用などに対応するため「アリペイ」対応を急いでいるんだ。足元はスマートフォン予約アプリなどの開発費が重く業績は一時的に悪化しているものの、伸びが期待できる事業分野であることから業績及び株価は今後緩やかにでも上昇していくことが期待できるぞ

次は><2428>GMPペイメントゲートウェイだ。消費者向けのEC業者に決済処理サービスを提供する企業だ。海外事業やEC決済代行が順調に売り上げを伸ばしており、業績は拡大傾向にあるな。クレジットカード決済やコンビニ決済、ビットコイン決済、PayPal決済など様々な決済手段を一括に導入できるマルチペイメントサービスを提供している点からも、キャッシュレス関連銘柄として要注目の企業だぞ。セキュリティ面の脆弱性が指摘され一時株価が下落する場面もあったが、足元は悪材料出尽くしで株価は上昇基調と言えるだろう。

中穴としては<8056>日本ユニシスだな。ソフトウェア開発では大手の企業で、2012からは大日本印刷の傘下となっている。金融業を中心にインフラ向けのアウトソーシングを拡大しており、業績は連続して拡大傾向にあるぞ。同社は2017年4月に決済システム事業を扱う新会社「キャナルペイメントサービス」を設立して「アリペイ」や電子決済に対応したシステムを強化し、ローソンやヤマダ電機などで採用が拡大しているんだ。またプリペイドカード向けシステムも手がける方針で、キャッシュレスの広がりによって注目を集めることが期待できる。

ありがとうございます!キャッシュレス関連銘柄はこれからさらに注目されそうですね。それでは最後に一言お願いします!

現金社会が根強い日本では海外のようにキャッシュレス化が急速に進行するには課題が多いかもしれん。ただしフィンテックや仮想通貨のように金融のIT化が進行する中ではキャッシュレス化は当然の流れであって、スマホの普及も進んでいることから一度火がつけば急速に拡大する可能性はかなり高い。キャッシュレスは今年要注目のテーマの一つといえるだろう。

以上、株ファイターさんでした!今回もありがとうございました!

あ!そうそう!
この下には俺がオススメする優良な投資顧問をいくつか紹介している!
興味がある奴はそっちの方も是非とも目を通してみてくれ!
今日も記事を読んでくれてありがとな!

 

キャッシュレス関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<3623>ビリングシステム

キャッシュレス関連銘柄  本命

<4847>インテリジェント ウェイブ

<2428>ウェルネット

<2428>GMPペイメントゲートウェイ

キャッシュレス関連銘柄  中穴

<8056>日本ユニシス


アツいオススメ投資顧問

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)