メタンハイドレート関連銘柄 注目の銘柄は?

メタンハイドレート関連銘柄レポート

株ファイターさん、こんにちはー!最近、メタンハイドレート関連銘柄が話題になっていますね。株ファイターさんはどう考えますか?

そうだな、天然資源に恵まえない日本にとって希望の光ともいえる物質が、メタンハイドレートだ。エネルギーを輸入に頼っている日本には、メタンハイドレートをエネルギー資源として実用化することは大きな意味を持つな。日本近海には、メタンハイドレートが豊富に存在していることがわかっている。さらに、近年になってそのメタンハイドレートを取り出す技術が進展し、エネルギー資源としての実用化が見えてきた。しばらくはメタンハイドレート関連銘柄に熱い視線が注がれそうだぜ。

そもそもメタンハイドレートって何ですか?

メタンハイドレートは低温高圧という条件下で、メタンガスと水がシャーベット状に凍った物質のことだぜ。永久凍土の地下や海底下にしか存在せず、火をつけると燃え続けるため「燃える氷」とも呼ばれているぞ。

なるほどー。なぜ今メタンハイドレートが注目されているんでしょうか?

メタンハイドレートが注目されているのは、環境負荷の小さいクリーンエネルギーとなり得るからだ。メタンハイドレートの二酸化炭素排出量は石油などに比べおよそ2分の1だ。先進国に二酸化炭素排出量制限が設けられるなか、新エネルギーとしての期待は高いぞ。

コスト的な問題はどうなんでしょうか?

そうだな。メタンハイドレートの存在はすでに知られていたが、実用化への壁となっていたのが採掘技術とコスト高だ。現実的に採掘可能なメタンハイドレートは海底直下にしかない。これまで、メタンハイドレートを海底直下から採掘する技術は確立されておらず、コストも原油採掘と比べ高いため実用化が進まなかった。しかし、日本をはじめとした採掘技術の進展により、ここにきて実用化への道が見えてきているぞ。日本にとって、近海に存在するこの天然資源は眠らせたままにしておくわけにはいかない存在だ。日本が何としても実用化したいのがメタンハイドレートなのだ。

先ほども日本でメタンハイドレートが取れると言ってましたが。

高圧と低温という条件が必要なメタンハイドレートは永久凍土下か海底直下にしか存在しないぜ。同じ海底下でも、海底深くなると地温が高くなるため、メタンハイドレートは作られない。そして、海に囲まれた日本はこの条件が周辺に存在する国でもある。日本はメタンハイドレートの埋蔵量が世界一の国なのだ。

これまでの調査では、東海地方沖から和歌山県沖にかけての南海トラフで4兆億立方メートルを超えるメタンハイドレートが存在すると言われているぜ。北海道周辺海域や東北沖から新潟県沖にかけての日本海海域、隠岐諸島周辺海域、四国沖などにも存在が報告されている。これら、日本周辺海域の埋蔵量を合せると、100年分のメタンハイドレートが存在していることになるというぞ。天然資源の少ない日本にとって、メタンハイドレートは突如現れた救世主のような存在だ。メタンハイドレート実用化の成否は、日本の未来を大きく左右するといっても過言ではないのだ。

日本でいっぱい取れるんですね! 実用化が楽しみです!

メタンハイドレートを実用化するためには、いくつもの難題を解決しなければならなかった。その一つがメタンハイドレートの採掘方法だ。海底直下に存在するメタンハイドレートを単純に取り出しただけでは、凍結状態が溶けてしまいメタンガスは無くなってしまう。そこで、日本の科学者たちが中心となり開発した採掘方法が「減圧法」だ。減圧法は日本とカナダの共同研究によって進められ、カナダの永久凍土下にあるメタンハイドレートから、メタンガスを連続的に産出することに成功しているぜ。また、愛媛大学の研究グループは、メタンハイドレートを分解し水素として採取する技術に成功しているぞ。

こうした、採掘方法が研究されるなかで、もう一つの問題が輸送方法だ。採掘したメタンハイドレートは輸送できなければ実用化できない。
天然液化ガスのように大型タンカーで輸送する方法もあるが、これでは液化にコストがかかってしまう。この輸送問題については、近年、採掘したメタンハイドレートを海上の高圧容器内で処理し、不純物を除去した純粋なメタンハイドレートとして輸送する方法が研究されているぜ。採掘方法と輸送方法が確立されれば、メタンハイドレートの実用化は一気に進むだろう。メタンハイドレートが活用される世界は、もうそこまで来ているぜ。

ありがとうございます!それでは、メタンハイドレート関連銘柄として注目の銘柄があれば教えてください!

そうだな、まず俺のオススメは、<1606>日本海洋掘削だ。海底油田やガス田の掘削を請け負う海洋掘削会社だぜ。海底を採掘する巨大なリグ設備を所有し、東南アジアや中東などの採掘工事も手掛けているぞ。メタンハイドレートについては、日本メタンハイドレート調査株式会社と採掘船「ちきゅう」を使った事前掘削作業に関する契約を締結している。メタンハイドレート事業には欠かせない企業といえるだろう。

本命としては<1662>石油資源開発だろうな。原油やガス開発を手掛ける企業だぜ。石油、天然ガス資源の権益を獲得し、開発から生産、販売まで行う。新潟と秋田の天然ガス田が大きな収益源となっているぞ。近年は、海外展開も進めておりイラクやカナダなどで事業を拡大している。日本メタンハイドレート調査株式会社には資本参加しており、研究・開発・インフラ整備などメタンハイドレート事業全般に関っているぜ。

次に<7003>三井造船だ。造船、重機、プラントなどを手掛ける重工業メーカーだ。船舶用エンジンでは国内トップのシェアを誇る。造船部門が主力だが、産業機械、プラント、物流システムなど事業範囲は広い。海底下のメタンハイドレートを探査するシステムを開発しており、2010年には世界初の陸上輸送実証研究を実施している。メタンハイドレート実用化に深く関わっている企業だ。

次は<9755>応用地質だ。国内トップの地質調査会社だぜ。建設コンサルタントも手掛け、業界トップクラスの実績を持つ。メタンハイドレート採掘による、海底地層変化をモニタリングするシステムの開発を進めているぜ。官民学共同のメタンハイドレート資源開発研究にも参画しており、メタンハイドレート実用化を支える企業の一つといえるだろう。

中穴としては<6297>鉱研工業だな。温泉開発や地下水開発を手掛けるボーリングマシンのトップメーカーだぜ。ボーリングマシンの製造だけでなく、ボーリング工事を請け負う施工会社でもあるぞ。土壌汚染問題や発展途上国の水道インフラ工事なども手掛けており、社会への貢献度が高い企業だ。メタンハイドレートの採掘にはボーリングマシンと技術が不可欠で、同社の存在意義は大きいぜ。

あとは<6269>三井海洋開発だな。FPSOと呼ばれる、浮体式の原油・ガス生産貯蔵設備の設計と建造を手掛ける企業だ。浮体式の海洋石油・ガス貯蔵積出設備や深海開発用の海洋石油・ガス生産設備などの設計・建造・販売も行っているぞ。メタンハイドレート事業には海洋での作業が必要なため、同社の浮体式原油生産貯蔵設備には大きな関心が向けられているぜ。

ありがとうございます!メタンハイドレート関連銘柄から目が離せなそうにないですね。それでは最後に一言お願いします!

経済産業省の発表によると、メタンハイドレートの実用化が成功すれば、その市場規模は3兆3,000億円にものぼるという。メタンハイドレートはエネルギー問題の切り札としてだけではなく、経済にも大きな恩恵をもたらす分野といえるのだ。一国民としても、投資家としても、メタンハイドレートは注目しておきたいテーマだぜ。

以上、株ファイターさんでした!今回もありがとうございました!

あ!そうそう!
この下には俺がオススメする優良な投資顧問をいくつか紹介している!
興味がある奴はそっちの方も是非とも目を通してみてくれ!
今日も記事を読んでくれてありがとな!

 

メタンハイドレート関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<1606>日本海洋掘削

メタンハイドレート関連銘柄  本命

<1662>石油資源開発

<7003>三井造船

<9755>応用地質

メタンハイドレート関連銘柄  中穴

<6297>鉱研工業

<6269>三井海洋開発


アツいオススメ投資顧問

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)