介護関連銘柄 マークしたい有望銘柄はどれ?

高齢化が進む日本社会にとって介護問題は避けて通れない命題だ。
高齢者および介護者を社会で支援するためには、介護施設をはじめ、介護用品、介護向け住宅、介護ヘルパーなど様々なものが必要になる。
近年ではこういった分野へ多くの企業が参入しているぜ。

高齢者の増加が進む一方の日本では、介護関連は市場拡大が見込める有望分野でもある。
団塊の世代が75歳以上となる2025年問題もあり、介護関連は無視できないテーマといえよう。
介護関連銘柄はおさえておきたいテーマだぜ。
wheelchair-908343_960_720

介護

介護とは高齢者や障害者の日常生活や家事、健康管理、社会活動の援助を行い、自立を図る助ける活動をいうぞ。
介護が必要な家族がいる場合、介護保険制度を利用するのが一般的だ。
介護保険を申請し、要介護認定のうち「要支援1~2」もしくは「要介護1~5」のいずれかを受ければ、介護サービスの利用や金額控除を受けることができる。

一口に介護といっても大きく「在宅介護」と「施設介護」に分れるぞ。
在宅介護は自宅で行う介護で、施設介護は施設などに入所して介護を受けることだ。
在宅介護には、自宅に介護士が訪れ身の回りの世話や医療行為などをしてもらう「訪問介護サービス」、
介護施設に通って介護を受ける「通所介護サービス」、介護施設へ一時的に入所する「一時預かりサービス」などがある。
施設介護では、利用できる施設が「特別養護老人ホーム」、「老人保健施設」、「介護療養型医療施設」など要介護の段階によっていくつかある。

在宅介護も施設介護も、介護をする側の人が絶対的に少ないことが大きな問題になっているぞ。
また、施設の数自体も少なく、入所の順番待ちも起きている。
人も施設も足りず、まだまだ改善しなければならない点が多いのが介護の実情だ。

要介護認定者数増加の一途

wheelchair-952183_960_720
厚生労働省の発表によると、要介護認定者数が2014年に600万人を超えたというぞ。
要介護認定制度発足時の2000年には218万人だったから、14年で約3倍にまで増えたことになる。
600万人という数は、第1号被保険者である65歳以上の約18.0%に当たるというぜ。

要介護認定者の内訳をみると、男性が184万9000人で30.8%、女性は415万3000人で69.2%と女性が圧倒的に多いことが分かる。
また、介護サービスの利用では訪問介護サービスと通所介護サービスで374万人超となり、在宅介護の多さが目につくぜ。

2025年には戦後の日本社会を支えた団塊の世代が75歳以上となり、要介護認定者数は700万人を超えるとの予測もある。
今や日本の介護問題はまったなしの状況といえるだろう。

介護関連の市場規模

hands-736244_960_720
高齢化社会の進展とともに、介護関連市場も拡大を続けているぜ。
国内における65歳以上の高齢者人口の割合は、2000年には17.2%だったが2050年には35%を超えるとみられている。
これにより、2050年には65歳以上1人を現役世代1.3人で支える社会構造になるというぞ。

こういった超高齢化社会に比例するかのように、介護関連市場は拡大の一途をたどっているぜ。
介護関連市場の規模は2007年に6.4兆円だったが、2014年には8.6兆円まで拡大している。
さらに、2025年には15兆円~18兆円にまで達すると予測され、その伸びは実に2007年の2~3倍にもなるぞ。
高齢者の増加と現役世代の減少は、いやがうえにも介護関連市場の拡大をもたらす。
介護関連市場は、成長がもっとも確実な分野の一つといえるだろう。

介護関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<2374>セントケアホールディングス

訪問介護を主体とした介護事業会社だ。
入浴サービスなどの訪問介護から訪問看護、居宅介護支援サービスなど総合的な介護サービスを提供しているぜ。
関東圏を中心とした展開から、コムスンからの事業継承により全国展開へと乗り出しているぞ。
介護と医療の連携を強化し、さらなるシェア拡大を狙っている企業だ。

介護関連銘柄 大穴

<3794>エヌ・デーソフトウェア

介護・福祉向けの業務支援ソフトを手掛けるソフトウェア会社だぜ。
介護・福祉分野ソフトウェアでは業界トップクラス。
同社の介護ソフト「ほのぼの」は多くの介護現場で採用されているぞ。
介護・福祉に特化したソフトウェアは、今後も発展が望める分野といえるだろう。

<2398>ツクイ

在宅介護サービスが主力の介護事業会社だ。
訪問介護サービス、訪問入浴サービス、グループホーム、ケアプラン作成など幅広い介護サービスを提供しているぞ。
介護・医療に特化した人材派遣も行っている。
1983年介護事業に参入以来、全国47都道府県で500以上の事業所を展開している老舗の企業だぜ。

<9792>ニチイ学館

介護・医療・教育関連のサービスを手掛ける企業だ。
介護分野では業界最大手。
在宅介護サービス、居住系介護サービスなど多様なサービスを提供しているぜ。
医療事務受託、資格取得講座なども収益源だ。
介護や医療の抱えるあらゆる課題に対応できる企業といえるだろう。

介護関連銘柄 中穴

<2175>エス・エム・エス

介護・医療業界向けの人材紹介や求人情報などを手掛けている企業だ。
2003年経済産業省の支援を受けて設立されたぞ。
介護分野では、ケアマネジャー人材紹介サイト「ケア人材バンク」、介護職求人サイト「カイゴジョブ」、介護事業者向けサイト「カイポケ」などを運営している。
他に看護師向けの「ナース人材バンク」や看護学生向け求人サイト「ナース専科就職ナビ」も知られているぜ。
介護現場と人とを結びつける同社の事業に期待が集っているぞ。

<2373>ケア21

訪問介護サービス、施設介護サービスを手掛ける介護事業者だ。
関西を基盤に東京、福岡へも展開しているぞ。
24時間365日の訪問介護や介護用具の販売・レンタル、介護タクシーなど多様なサービスを提供する。
ケアマネジャーやホームヘルパーといった人材育成にも力を入れているぞ。

一言

介護分野は日本社会にとって必要不可欠なテーマだ。
今後の人口推移を考えれば介護市場の拡大は必至、参入企業には大きなビジネスチャンスがあるといっていいだろう。
介護関連銘柄を狙うなら長期的視野で見たほうがよさそうだぜ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)