佐川急便上場の最新情報と関連銘柄

宅配事業者の佐川急便を傘下に持つSGホールディングスが株式上場を検討しているようだぜ。
佐川急便といえば、業界2位の大手運送会社だ。
その親会社が株式上場となれば、業界に与えるインパクトは小さくない。

株式市場では、すでに佐川上場を見込んだ動きもみられている。
佐川急便の行方とともに、関連企業の動向にも要注目だぜ。
s_ice_screenshot_20161223-103816

佐川急便

佐川急便は京都府に本社を構える運送会社だ。
創業が1957年、設立は1965年というから、かなり歴史のある企業といえるだろう。
2016年3月期現在で4万6,000人を超える従業員を抱え、2万4,000台以上の車両を保有している。
資本金112億7,500万円という大企業だ。
2006年に持株会社SGホールディングス株式会社を設立し、佐川急便は事業会社としてその傘下に入った。

現在、佐川急便の宅配便は「飛脚宅配便」という名称でよばれているぞ。
かつては「佐川急便」という名称を使っていたが、2007年から現在の名称に統一した。
佐川急便は、消費者のニーズに合わせたたくさんの運送サービスを提供している。
通常の荷物を運ぶ「飛脚宅配便」、日本全国どこでも翌日配達が可能な「飛脚航空便」、冷蔵・冷凍品を輸送する「飛脚クール便」、さらには衣類をシワにならないようハンガーに吊るしたまま運べる「飛脚ハンガー便」もあるぜ。

メール便から大型荷物まで、運べないものはないといえるほどのサービスラインナップ。
まさに社会ニーズに応えてきた企業といえるだろう。

佐川急便上場の行方

JG
SGホールディングスが早ければ年内にも株式上場するというニュースは、同社が公式発表したものではない。
しかし、株式市場や産業界はすでに上場ありきで動いているぜ。
SGホールディングスが上場を検討しているのは東証1部といわれている。
そして、上場した場合、その時価総額は3,000億円を超えると予想されており、市場にとっても目玉銘柄となりそうだ。

佐川急便はここまで未上場企業としてやってきた。
その佐川急便がなぜ、ここにきて株式上場に舵を切ったのか?
理由はやはり、厳しい市場争いに勝ち抜くための競争力増大と考えていいだろう。
株式上場によって得た資金はIT化への投資や企業買収などに充てるといわれているぜ。
また、上場企業としてのイメージアップも戦略の中にはあるだろう。

荷物数の増大、運送料金争い、人手不足など、運送業界を取り巻く状況は難問が山積している。
今回の上場は、こういった障害を乗り越え、競争に勝ち抜くためのカードを切ったといえるだろう。

平成27年度の宅配便取扱個数3.6%増

hokuhoku1
国土交通省の発表によれば「平成27年度の宅配便取扱個数」は37億4,493万個となり、前年度比3.6%の増加になったという。
そのうち、トラック運送は37億447万個で、前年度比3.8%の伸びとなっているぞ。

トラック運送個数については、ヤマト運輸の「宅急便」、佐川急便の「飛脚宅配便」、日本郵便の「ゆうパック」で全体の92.9%を占めているという。
同省によればトラック運送、つまり宅配便についてはインターネットショッピングの需要拡大や各社の営業努力がこの結果に結びついたとみている。

インターネットを利用した通販需要は今後も拡大していくとみられ、宅配便の需要はますます増えていくと予想される。
今後も宅配便業者によるシェア争いは激しさを増しそうだ。

佐川急便上場関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<9086>日立物流

日立グループの物流会社だ。
物流を運送、保管、在庫管理、受発注管理、流通加工といったシステム全体として請け負う「サード・パーティー・ロジスティクス」が主力。
2016年にSGホールディングスと資本業務提携したぞ。
佐川急便上場の恩恵を受けやすい企業といえるだろう。

佐川急便上場関連銘柄 本命

<9064>ヤマトホールディングス

宅配便シェアトップのヤマト運輸を傘下に収めるヤマトグループ持株会社だ。
子会社には引越や金融などの事業会社もある。
かつてはヤマト運輸がグループの中心企業だったが、グループ再編により現在の持株会社制にした。
佐川急便上場を受けて、最大のライバル企業がどんな対抗策を打ってくるのか注目が集まる。

<4689>ヤフー

インターネットサービスを提供する企業だ。
ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営しているぞ。
ネット広告や通販事業、オークション事業などが収益源だ。
ショッピングやオークションの商品配送が不可欠な企業だけに宅配業者との新たな関係構築も期待されるぞ。

<4755>楽天

ショッピングモールを中心に様々なインターネットサービスを提供する企業だぜ。
ネット通販の扱い量は業界トップクラス。
創業当初はショッピングサイトが収益源だったが、現在では株式販売や金融関係で業績を伸ばしているぜ。
ネット通販「楽天市場」の商品配送に佐川急便が利用されている。
佐川急便上場により、配送サービスにおいて同社との新たな展開がみられるかもしれない。

佐川急便上場関連銘柄 中穴

<6178>日本郵政

日本郵政グループの持株会社だ。
子会社には日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーの5社があるぜ。
宅配便には日本郵便の「ゆうパック」があり独自のサービスを提供しているが、業界での争いが激しくなればさらなる競争力強化が求められるだろう。
佐川急便の上場は競争相手も強くする可能性がある。

<9062>日本通運

陸・海・空の総合物流国内最大手企業。
引っ越し事業も主力だ。通称は「日通」。
宅配事業では法人用の印象が強い同社だが、佐川急便上場の影響が物流業界全体に波及すれば、物流大手の同社業績も拡大する可能性があるだろう。

一言

佐川急便が株式上場を果たせば、宅配業界は新たな局面に突入するかもしれない。
1社が力をつければ、他の企業も競争力を強化しようとするのがビジネスの鉄則だ。
佐川急便の上場が業界全体にどういう影響を及ぼすのか?
関連銘柄ともどもチェックするべきだぜ。

無料で有益な関連銘柄についての情報を詳しく知りたいなら、俺も参考にさせてもらっているプロ投資家たちの無料推奨銘柄やコラムがオススメだ!下記の投資家たちはどこも有益な情報ばかり配信している。まだなら是非とも無料から利用してみてくれ。

株エヴァンジェリスト
株エヴァンジェリスト


投資の女神こと向後はるみ氏がアドバイザーを務める今一押しの投資顧問サイトだ。向後はるみ氏は株-1グランプリグランドチャンピオン大会も連覇するほどの実力を持ち、彼女の発する言葉は相場をも動かしかねない影響力を持っている。そんな強力なアドバイザーのもと、急謄候補銘柄が毎朝必ず1つ無料で配信されているぞ。そんな高確率で動意づく情報は無料登録のみで入手可能!登録して損はないぜ。

~無料登録手順~
① ページ内の「銘柄を確認する」or「今すぐ無料会員登録」をクリック
② 「ID名」と「メールアドレス」を入力し、登録
③ 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



株プロフェット
株プロフェット

Yahoo!ファイナンス株価予想で伝説の39連勝を達成した経歴をもつ相場の福の神こと藤本プロが、がっつりと繋がりを持っているのが、この株プロフェットだ!
知名度のあるプロの予想が無料登録のみで配信されるサイトはそう無い!かなりの高確率で株価が騰がる銘柄情報を簡単な2手順だけでずっと無料で見られる事からも、絶対的に登録は必須だぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「急騰期待銘柄情報をメルマガで入手する」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



新生ジャパン投資
新生ジャパン投資

この投資顧問の代表でもある前池英樹氏は20年以上の長きにわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれる相場界のレジェンド的存在の人物だ。そんな新生ジャパン投資で提供される無料銘柄は、長期的に見て株価が大化けする銘柄が多く、中にはテンバガーも存在する!過去のアベノミクス相場でもドンピシャのタイミングで急反騰銘柄を的中させており、無料情報だけでも見る価値は充分だ!!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にID名とメールアドレスを入力し、「銘柄情報を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



グラーツ投資顧問
グラーツ

推奨後にかなり高い確率で株価上昇をみせる銘柄を配信する事で業界でも有名なサイトが、このグラーツ投資顧問だ!歌手としても有名なあの「にしきのあきら」さんがイメージキャラクターとして登場しており、提供実績が好調である事もしっかり裏付けされているのがよくわかる!随時更新されている無料推奨銘柄の株価上昇率は80%を超えており、それを見るだけでも無料登録の意味はあるぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「今すぐ大本命銘柄を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる




株マイスター
株マイスター

無料推奨銘柄から、銘柄相談、そして多彩なコラムなど、営業歴の長い投資顧問とあって、そのコンテンツの充実ぶりには圧巻されること間違いなしだ!今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できるぞ。ちなみに、下記のリンク先では、無料推奨銘柄の直近の実績や、銘柄相談の実際の返答内容などがしっかりと紹介されており、どんなサービスが受けられているのかがしっかりと確認できる。ひとまずはそれを確認してから、登録するかどうかを決めるんでも悪くないと思うぜ!



ミリオンストック投資顧問
ミリオンストック

個人投資家のみんなこの男を知っているか?
【橋本罫線考案者】の橋本明男氏。
全体相場の流れ罫線分析を用いて短期的・中期的な視点で相場の展開を解説しているぞ。東証一部の個別銘柄を中心にこれから狙いどころの銘柄を紹介しているぜ。
橋本明男氏は投資顧問歴35年の超ベテラン投資家だ。この業界では知らないものはいないはずだぜ。投資顧問の実績も折り紙つきだ。顧客に利益をもたらさなければ報酬を一切貰わない成功型のスタイルを貫き通し、30年に渡って投資顧問をやっていたことから実績・実力ともすでに証明済み。顧客の信頼を勝ち取ってきた証になるはずだぜ。
さらに、橋本明男氏の相場コラム「わしの罫線」が無料で読める特典つきだ。今なら無料で登録ができるぞ。



トリプルエー投資顧問
トリプルエー


推薦銘柄のストップ高率がハンパないサイトがこれだ。
このサイトの凄いところが、推薦銘柄の具体的な買い値から売り値までプロによる明確な売買指数を無料で手に入るぞ。今日の株何を買っていいのかわからない、買ったはいいけどいつ売ったらいいのかわからないなんてことがなくなるぜ。もちろんこちらも無料で教えてくれる。
さらに注目してるのが推薦銘柄次々と急騰することが多くストップ高達成実績が他のプロ投資家を圧倒している。こんな芸当が出来るのは、圧倒的な情報量と相場を見る目が肥えてなきゃできない芸当だ。メールアドレス登録で無料で手に入るなら入手する手はないはずだぜ。



株ファイターLINE@

更に情報が欲しい人は、株ファイターの公式LINE@も是非とも利用してみてくれ! 急騰するかもしれない要因になりそうな材料をいち早くお届けするぞ! 材料に関してはブログではあまり触れないからな。 そっちの情報を求めている人には是非とも登録してみてほしい!


※免責事項
当ブログ「株ファイターの株報道」に掲載されている記事は、あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報の基公開されていますので、投資勧誘及び、個別銘柄の推奨や投資助言では一切ありませんのでご了承ください。また、株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログの情報によって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)