宇宙関連銘柄 有望市場で光り輝く銘柄はどれ

今、最も成長が期待できる有望なマーケットの一つが宇宙関連産業だ。
宇宙は決して別世界の話しではない。
自動車やスマホのGPS機能、衛生放送など、宇宙はすでに我々の生活に無くてはならないものになっている。
近い将来には宇宙旅行などの新たなビジネスの登場も予感させる。
安倍政権においては、経済成長戦略の柱に宇宙関連産業を位置づけているほどだ。

かつては国のものだった宇宙関連産業が、民間のものとなっている。
このビジネスチャンスをつかむ企業はどこなのか?
宇宙関連銘柄をマークしない手はないぜ。
rocket-970_960_720

宇宙関連産業

宇宙関連産業とは、宇宙技術を利用して行われる開発やビジネスのことだ。
しかし、一口に宇宙関連産業と言っても、その分野は多岐に渡る。

ロケットエンジンや燃料、部品などロケット打上げに関わるものや、GPSや衛生放送など人工衛星ビジネスに関わるもの。
あるいは、宇宙ゴミの回収や太陽光発電といった近年になって注目されている産業もあれば、宇宙旅行という近未来のビジネスまである。

アメリカでは民間企業がロケット打上げを国から請け負うケースもある。
ロケット打上げには莫大な費用がかかり、これらはすべて税金で賄われることになるが、民間に委託すれば低コストで、短期間にロケット打ち上げができるからだ。

もはや、宇宙技術は調査や実験目的のためではなく、こういったビジネスに使われるものになった。
宇宙関連産業の可能性はまだまだ拡大していきそうだ。

経団連が宇宙関連産業を20兆円規模に育成するよう提言

iss-548328_960_720
経団連は宇宙関連産業の市場規模を、2030年までに20兆円規模まで育成するべきと政府へ提言している。
20兆円は現在の市場規模の2.5倍にあたる。

提言では、日本の技術力をもってすれば、高度な人工衛星や安全性の高いロケット打上げ、それらを利用した様々なビジネスが展開できるとし、これまで技術振興に重きを置いいた宇宙関連産業を、経済成長の柱として育成すべきだとしているぞ。

さらに、宇宙関連予算についても、長い間3,000億円程度に留まっている予算を5,000億円規模に拡大するべきとしている。
また、政府が先頭に立って人材開発や設備投資を進め、海外からの通信衛星打ち上げを受注するためにもベンチャー企業の育成に力を入れるべきだとも提言しているんだ。
これからの日本の宇宙関連産業は、官民一体となった取り組みがベースとなりそうだぜ。

すぐそこまできている宇宙旅行

moon-1527501_960_720 (1)
長らく人類の夢だった宇宙旅行が実現に向けて動きだしている。
テスラ自動車の創設者であり、著名なアメリカ人実業家のイーロン・マスク氏は早々にロケット産業に参入、宇宙旅行の実現に向けて手腕を発揮している。

日本でも旅行代理店のH.I.S.と航空会社ANAホールディングスが宇宙機開発会社のPDエアロスペースと資本提携すると発表。
H.I.S.は旅行サービスを提供、ANAホールディングスはパイロットの育成、そしてPDエアロスペースが宇宙機を提供するという3社のタッグにより2023年には宇宙旅行サービスの実現を目指している。

また、近鉄グループのクラブツーリズムは民間宇宙旅行会社を設立し、一人あたり25万米ドルで宇宙旅行を提供する計画だという。
これからも、このような宇宙旅行ビジネスに参入してくる企業は増えていくだろう。
宇宙旅行が競争の厳しいマーケットになる日もそう遠くないかもしれないぜ。

宇宙関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<6709>明星電気

地震計など観測機器を手掛ける企業だ。
人工衛星用観測機器と気象・防災観測機器が主力。
2012年にIHIの子会社となり、人工衛星に搭載するモニタカメラやGPS受信機など人工衛星搭載機器の扱いも多いぞ。
IHIをバックに持ち宇宙関連企業として飛躍しそうだぜ。

宇宙関連銘柄 本命

<2359>コア

ソフトウェア・システムの開発を手掛ける企業。
車載システム開発が主力で、未来の自動車技術にも力を入れているぞ。
宇宙関連では、人工衛星を使った測位受信機をJAXAと共同研究。
誤差「cm級」の精度を誇る受信機として注目を集めている。

<3741>セック

リアルタイムソフトウェア専門のソフトウェア会社だ。
ロボット開発も手掛けているぞ。
宇宙関連では、惑星探査機に搭載するエンベデッドシステムや天体望遠鏡制御システム、宇宙天気予報運用サービスなどを提供している。
リアルタイムソフトウェア技術による宇宙関連シェア拡大が期待されるぜ。

<3524>日東製網

漁業用の無結節網最大手メーカーだ。
漁網やロープの製造・販売に加え、漁労機器も取り扱っている。
漁網メーカーがなぜ宇宙と関連するのかというと、同社は宇宙ゴミの回収網を手掛けているからだ。
宇宙開発の代償ともいえる宇宙ゴミ回収は、これからの宇宙関連産業にとってなくてはならないものだ。
同社は、その第一人者といえる存在になっているぜ。

宇宙関連銘柄 中穴

<9726>KNT−CTホールディングス

近鉄グループの企業を傘下に収める持株会社だ。
2013年の近鉄グループ再編で、子会社の近畿日本ツーリストとクラブツーリズムに旅行事業を移管し現在の社名になった。
クラブツーリズムは民間宇宙旅行を販売する子会社を設立しており、近い将来宇宙旅行を実現する企業として期待が集まっているぞ。

<7011>三菱重工業

総合重機最大手企業。
産業機械、船舶、航空機、ロケット、産業機械など数多くの事業を手掛けているぜ。
宇宙関連では、商業ロケットの打ち上げを手掛けているのは有名だ。
2009年に1号機の打ち上げに成功して以来、2016年の6号機まですべてのロケット打ち上げに成功している。
ロケット打ち上げのリーディングカンパニーといえるだろう。

一言

宇宙関連は国や大手企業のものという時代は完全に終わった。
今や宇宙関連は、どの企業にもチャンスがある産業となっているのだ。
いつ新星が誕生するか分からないこの産業。
宇宙関連銘柄は気長にウォッチしようぜ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)