有機EL部材・部品関連銘柄 新素材有望銘柄を探せ

これまで液晶の独壇場だったスマートフォンディスプレイに新たな波が来ているぜ。
液晶に変わって「有機ELディスプレイ」がスマートフォン市場を席巻しようとしているのだ。
米アップルがiPhone新型モデルに有機ELディスプレイを搭載するとの見通しが強まり、スマートフォン関連の企業環境は一変したようだ。

有機ELディスプレイが量産されるとなると、当然、必要になってくるのが部材だ。
日本企業は有機ELの分野で韓国勢に後れをとってきた。
しかし、部材・部品では日本企業の技術が活かされており、市場が拡大することでビッグビジネスが期待できる分野であるのだ。
iPhoneが点けた有機ELのムーブメントが有機EL部材・部品銘柄に商機をもたそうとしているぞ。
children-593313_960_720

有機EL部材・部品

有機ELは有機物に電圧をかけることで、自ら発光する現象のことだ。
自ら発光することがディスプレイ産業に革新をもたらすかもしれない要因の一つとなっている。

まず、液晶と違いバックライトが要らなくなるので薄く、軽量化できる。
さらに有機ELディスプレイは曲げたり、折ったりできるので、形状の汎用性も広がる。
まさに次世代ディスプレイとして注目を集めているのだ。

この有機ELディスプレイを作るには、様々な部材・部品が必要になる。
発光材料やホール輸送材料、電子輸送材料などの周辺材料、蒸着マスク、タッチパネル部材といったものだ。
これらの部材・部品は液晶ディスプレイと被るものもあり、違う分野から応用できるものもある。
科学メーカー、石油会社、印刷会社など、他業種の企業が有機EL部材・部品市場への参入を狙っている。
自社の技術を有機ELに転用し、まさに今、起ころうとしている大波に乗ろうと多くの企業が競っているのだ。

iPhoneの有機ELディスプレイ採用が流れを変えた

apple-490485_960_720
iPhone新機種に有機ELディスプレイの採用が計画されているとのニュースは世界の関連企業に衝撃を与えたぞ。
スマートフォン市場でトップシェアのiPhoneが採用するとなれば、他社機種も追従することが考えられる。
そうなれば、有機ELは拡大が確実視される有望分野となるからだ。

有機ELディスプレイの研究は依然から進んでおり、決して真新しいテクノロジーではないのだが、電力消費量やコスト高といった問題が普及を妨げていた。
しかし、技術の進化とともにこういった問題も徐々に解消されるようになり、スマートフォンでの採用が見込めるところまできたのだ。

米アップルがiPhoneに有機ELディスプレイの採用を決めた理由は、これまでと違った形状にできる。
つまり、曲線ディスプレイや折りたたみ式の次世代スマートフォンが作れることが大きいといわれているのだ。
薄型で軽量、動画も滑らかといった次世代スマートフォンに欠かせないのが有機ELディスプレイというわけだ。
次世代スマートフォンの世界にiPhoneが一歩踏み出したというところだろう。

有機EL分野へ日本勢の参入相次ぐ

ipad-820272_960_720 (1)
iPhoneの有機ELディスプレイ採用計画にともない、日本企業の同分野参入の動きが相次いでいるぞ。
ジャパンディスプレイ(JDI)は出遅れていた有機ELの量産を図るため有機ELパネル事業を扱う子会社を設立した。
資金不足に陥っていたシャープは、台湾の鴻海から資金を受け有機ELディスプレイ量産を計画している。

素材メーカーの動きも目立つ。
三菱化学は有機ELディスプレイ向けの新しい発光材料を2017年にも量産する計画という。
住友化学は有機ELディスプレイ用のタッチパネル部材の増産体制に入っているようだぞ。

印刷会社も精力的な動きを見せている。
大日本印刷は基板に材料を付着させるために必要な「蒸着マスク」の生産能力を2020年までに現在の3倍にすると発表している。

iPhoneがきっかけとなった有機ELの大波に乗り遅れまいと、日本企業の積極的な動きが目立っているぜ。

有機EL部材・部品銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<4960>ケミプロ化成

紫外線吸収剤、プラスチック添加剤などが主力の総合化学メーカーだ。
紫外線吸収剤では国内トップシェア。
有機EL材料の研究開発にも十数年前から取り組んでおり、多数の特許を出願している。
蛍光・燐光の発光材料や電子輸送材料などが得意分野だぞ。

有機EL部材・部品銘柄 本命

<4112>保土谷化学工業

旧興銀系の化学メーカーで染料や機能性樹脂、電子材料などが主力だ。
有機EL分野では合成技術や精製技術を活かした正孔輸送材やリン光型発光材などを開発しているぞ。
韓国企業からの増産投資を受けており、今後の躍進が期待されている。

<3402>東レ

合成繊維や合成樹脂などの化学製品を扱う合繊最大手の化学企業だ。
炭素繊維では世界トップを誇る。
フィルムや電子材料、水処理用の逆浸透膜も得意分野だ。
有機EL分野では発光材料や電子輸送材料、正孔輸送材料を手掛けている。

<4005>住友化学

住友グループの大手総合化学メーカーだ。
国内では三菱ケミカルホールディングスに次いで化学メーカー第2位。
医薬品、農薬、石油化学、電子材料の分野も有力事業になっている。
ポリマー型有機EL技術を活かした、タッチパネルや偏光板の需要増を見込んでいるぜ。

有機EL部材・部品銘柄 中穴

<5019>出光興産

石油元売り大手。
石油類の精製・販売が事業の中心だ。
上流原油開発も行っている。
韓国のLGディスプレイと提携し、有機材料を生産している。
有機材料分野の有力企業といえるぞ。

<4188>三菱ケミカルホールディングス

傘下に三菱化学や三菱樹脂などを持つ三菱グループの化学系持株会社。
国内化学メーカートップだ。
有機EL分野では塗布型発光材料を得意とし、発光材料を基板に塗るための新素材を開発している。
同社の発光材料事業は有機ELディスプレイのコストを大幅に下げるものとして期待が寄せられているぞ。

まとめ

有機EL分野を部材・部品という方向で見ると、日本企業の持つ技術力は市場をリードする力がある。
多くの企業に有機EL市場で躍進するチャンスがあるといっていいだろう。
有機EL部材・部品分野には有望な銘柄があふれているぜ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)