春節関連銘柄 株価2倍もありえる激選5銘柄

今年も中国・台湾の大型連休がやってきたぜ。
テレビで中国人における爆買いの報道が少なくなってきているが、この時期に関しては別になるだろう。

春節関連銘柄

春節関連銘柄を1月30日に仕込むことで関連銘柄が爆騰する可能性があるぜ。

春節

春節って言葉を聴きなれていない個人投資家のみなさんもいるかと思うから、簡単に説明したい。
春節とは、台湾・中国など中華圏での旧暦の正月のことで日本では、旧正月とも言ったりしているぞ。
全世界で中国人、華人の大移動が起こることで、中華圏はストップするなど影響力も大きい。

台湾

春節の期間・・・2017年は1月28日から2月1日

  • 初日は、新年の挨拶まわりやお年玉・初詣を行ったりする。
  • 実家に帰る日。
  • 家族でゆっくり過ごす日。

上記が主な過ごし方となっている。
日本と違うのは、爆竹とかで祝うってところだな。

中国

春節の期間・・・2017年は1月28日から2月2日

  • 初日は、新年の挨拶まわりやお年玉・初詣を行ったりする。
  • 実家に帰る日。
  • 家族でゆっくり過ごす日。
  • 「財神」というお金の神様がやってくる日。

こちらが中国の過ごし方となっている。
中国も爆竹などを使用して祝う風習があるみたいだ。


春節における経済効果

春節銘柄

毎年大勢の中国人観光客が訪れていることは、メディアを通じてわかっていると思う。
2015年度の情報によると、

  • 中国人観光客は約45万人。
  • 消費金額は約1140億円。

人気商品

一番人気となっているのが、「医薬品」。
中国より価格が安く・安全面が人気の理由となっている。

次に人気なのが「化粧品」。
こちらも価格・豊富な品数が人気の理由みたいだぞ。

その他に、電化製品が人気だ。

この爆買いが今年も訪れることからドラッグストアや家電量販店の株価に影響があることがわかるはずだぜ。


春節関連銘柄 株ファイターお勧め銘柄

<2330>フォーサイド

主に、携帯コンテンツ配信などがメインとなっている企業だが、毎年2月に株価が高騰している銘柄だ。
この高騰は間違いなく春節関連と大きく関わっているぞ。
すでに株価が高騰していることが調べてもらえればわかると思う。

また、中国市場向け課金決済サービス“支付宝(アリペイ)”の提供開始していることから今後も注目したい銘柄だ。


春節関連銘柄 本命

<3088>マツモトキヨシ

ドラッグストア最大手企業だ。
この時期中国人観光客がマツモトキヨシで大量に商品を買い占めている光景を目にしたことがある、個人投資家もいると思うぞ。

訪日外国人環境客の買い物時の利便性向上を図るために、国際カードブランド「UnionPay(銀聯)」の導入をするなどしている。

<9831>ヤマダ電機

国内の家電売上げNO1の家電量販店と言えばヤマダ電機だ。
中国人観光客の爆買いをよくみかけているはずだぜ。

この時期ヤマダ電機の売上が右肩上がりなのは言うまでもないだろう。

<3099>三越伊勢丹ホールディングス

百貨店最大手となる同社は、多くのブランド店が存在していることから多数の中国人観光客が押し寄せてきている。
商品単価も高いことから、こちらも売上げが右肩上がりになっている。

もちろん、中国語を話せるスタッフもいるぞ。


春節関連銘柄 中穴

<7532>ドンキホーテホールディングス

なんと言っても24時間営業していることが強みとなってる。
化粧品・医薬品・家電を取り揃えていることが今回の春節銘柄としての強みとなっているはずだ。

<8410>セブン銀行

セブン銀行のATMが海外発行カードが使えるぞ。
さらに、英語・中国語など4カ国語に対応していて、中国人観光客が増えるていることから隠れた春節銘柄だ。


一言

爆買いの流れが切れてしまっているように思われがちだが、そんなことないぞ。
すでに、中国人観光客が増えていることが電車に乗っていることでわかるはずだぜ。

スカイツリーや浅草など今の時期賑やかになっている気がする。
さらに資産を2倍・3倍に増やしたいならお勧め投資顧問サイトがあるぞ。

株をやるなる情報は命だぞ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)