ZMP関連銘柄炎上でどうなる株式市場

自動運転技術に特化しているベンチャー企業ZMPが19日に新規上場する予定だったが、延期すると8日に発表があったぞ。
これを受けてZMP関連銘柄が今日の株式市場で売りが先行されるなど株式市場が大荒れとなった。

zmp

ZMP

今年最後の大物IPOとして期待されていた銘柄だった。
上場後に時価総額は1000億円近くにまで膨らむとの予想も出ていたことから、個人投資家達からため息が聞こえてきている。

今回上場が廃止となった理由だが、11月17日に顧客リストが一部複数のインターネットサイトへ流出したことが理由となっているぞ。
今の所は「被害は確認していない」と発表しているが今後被害が出てくる可能性が高い。

ZMP上場

ZMPは、「投資家の皆様をはじめ関係各位に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。当社では、情報セキュリティ体制等のさらなる強化を図り、再度早期の上場に向けて取り組んで参る所存でありますので、変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」と発表していることから、ZMPの上場は年内はもうないことは間違いないだろう。

次回上場するタイミングとして考えられるのが、セキュリティ体制や社員教育を整えた後となることから2017年に再度上場するのではと個人的に考えてるぞ。

ZMP関連銘柄

ZMPの上場廃止で同社の株を保有している企業など影響を受けた銘柄は多数ある。

<8595>ジャフコ

ZMP株を10%保有している同社は、野村系のベンチャーキャピタル最大手として有名な企業だが、この影響を受け株価が下がったことが確認できる。保有している株は430万株とされている。

<8462>フューチャーベンチャーキャピタル

国内各地に拠点を持ち、地域に密着して投資活動を行っている独立系ベンチャーキャピタルだ。ZMPに出資していることから上場廃止の報道があってから売りが先行されていることから株価に影響があったことがわかる。また、保有している株は240万となっている。

<4310>ドリームインキュベータ

企業コンサルが主体となっている同社は、ZMP株を28万株保有していることが判明している。こちらも大きなダメージを受けている。

<3663>アートスパークホールディングス

電子書籍閲覧ソフトや3D動画向けソフト等に力を入れている企業だ。同社が発表した決算において、ZMP株を48万株保有していることが判明したことからZMP関連銘柄で本命視されていた銘柄だ。

<6632>JVCケンウッド

AV機器、車載、業務用に力をいれている企業だ。また、自動車向け情報サービスの展開をしている株式会社カートモをZMPと立ち上げてることから株価に影響が出ているぞ。保有している株は200万株だ。

<3676>ハーツユナイテッドグループ

ソフトウェア検証で豊富な実績をもっている同社とZMPは株式会社ZEGを立ち上げている。こちらも今回のZMP上場の廃止を受けたことで株価に影響が出ている企業となっているぞ。

<4667>アイサンテクノロジー

測量・土木ソフトの開発販売を主力としていることから、ZMPや名古屋大学と連携し、名古屋で自動運転の公道実証実験を実施している。こちらも売りが先行されたことから株価に影響が出ている。

<3132>マクニカ・富士エレホールディングス

半導体商社のマクニカと富士エレクトロニクスが経営統合してできた企業となっている。独立系半導体商社の同社はZMP株を160万株保有していることから株価に影響が出ている企業の一つだ。


一言

株式市場全体でみるとZMPの影響は限定的だったがZMPショックは個人投資家達に大きく影響があったことは間違いないだろう。
逆に良い方向になった部分ももちろんでいているぞ。
それが、東証マザーズ指数が7日ぶりに反発したことだ。

今回のような予想しない出来事があるから相場は面白いと捉えることもできるな。
この世界奥が深いことが今回わかった一面でもあるぜ。

しっかり情報を抑えとくことが株式市場を生き残る道だな。
これからもしっかり情報を集めていくからよろしくだぜ。


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)