ロシア関連銘柄 今からでも間に合う銘柄一覧

今月に行われた日露首脳会談で、資源・エネルギー開発や都市整備など8分野で両国の経済協力に向けた協議が進んでいることで、日本企業に大きなチャンスが到来する可能性が出ている。
さらに、12月の日露首脳会談でもっと内容が詰められると思われるぞ。

このことから、再度ロシア関連銘柄についてまとめてみたぜ。

russia%e9%96%a2%e9%80%a3%e9%8a%98%e6%9f%84

ロシア

ロシアの首相と言えばプーチン大統領だ。
プーチン大統領が特に力を入れているのは、極東地域での経済協力だ。
ロシアの極東発展省は、経済協力を1.7兆円規模と見積もっているなど報道が出ているようだな。

極東地域とはどこの場所を指すのか?
アムール州、チュクチ自治管区、ユダヤ自治州、カムチャツカ州、コリャーク管区、ハバロフスク地方、マガダン州、沿海地方、サハ共和国、サハリン州のことをロシアにおいて「極東」と言われている。

この地域に力を入れている国内の企業がある。

サハリン

ユーラシア大陸の東方 、オホーツク海の南西部にある島で、サハリンにおける原油は約11億バーレル、天然ガスは約18兆立方フィートの推定可採埋蔵量が推定されている。

また、原油や天然ガスを生産する「サハリン2プロジェクト」に1986年から三井物産が国内の企業では携わっているぞ。

それ以外にも、ロシアの極東発展省は、サハリンと北海道を道路や鉄橋でつなぐことも検討しているなど発表していることから今後に注目したいぜ。

カムチャツカ

ユーラシア大陸の北東部にある半島のことをいう。
カムチャツカでは、村の電力はソ連時代のディーゼル発電機が頼りとなっていて、輸送コストがかさむため燃料は高く、悪天候で供給が途絶えれば停電する恐れもあるなどロシアでは頭を抱える問題となっていた。
しかしプーチン大統領の「極東を開発せよ」との号令の下、経済の停滞と人口流出が目立つ遠隔地の様相が変わり始めたことによって、風力発電パークの建設に着手した。

この風力発電に関わっている国内の企業が、三井物産、駒井ハルテック、富士電機だ。

風力発電の送電開始後、住民からは「電力供給が安定したことに気がついた。停電もかなり少なくなった」など評判も上々みたいだぞ。

沿海地方

沿海地方は、年間10万tの魚介類を生産し、主に、カニ、エビ、イカ等ロシア全体の15%を占め、鉱業は石炭、金、スズ、タングステン、鉛、亜鉛、ボロン(ホウ素)等を生産している。
また、沿海地方の属している商港都市ナホトカのボストチヌイ港では、流氷の影響を比較的受けない事などから、日本をはじめとする東アジア諸国への海上輸送が容易であることから国内で着手している企業がある。

石炭搬出設備を建設をしている丸紅だ。

ハバロフスク地方

ロシア極東部の都市ので、地域経済の中心として機械工業や金属工業、木材業が発達しているぞ。
また、ハバロフスク空港などがあることから東のシベリア鉄道から西のアムール川にまたがる旧市街、郊外、近距離地帯には観光地も多いことで有名な都市だ。

このハバロフスク空港のターミナル拡張や運営事業の受注を目指している国内の企業が双日や日本空港ビルデングだ。


ロシア関連銘柄

上記に挙げた企業が、今回もっとも大きくロシア関連株に関わっている。

<8031>三井物産

総合商社のトップ企業で、原油や天然ガスでもトップ企業である。
また、今回のことで「産業の多角化などでは、かつてないほど日本企業への期待が大きい」などと発表しているぜ。

<5915>駒井ハルテック

カムチャツカの風力発電事業に参入しているが、主に、鉄骨・橋梁の大手企業だ。

<6504>富士電機

風力発電用の出力安定化装置と永久磁石同期発電機などがあることから、今後再生可能エネルギーで注目したい企業だ。

<8002>丸紅

芙蓉グループの総合商社だ。
今回の経済協力に向けた協議で「このような追い風はまたとない」などと強気な発言をしていることから注目だな。

<2768>双日

全世界で幅広くビジネスを展開している大手総合商社だ。
半世紀以上にわたりボーイング社と一体となって民間航空機の販売活動に携わっているこからハバロフスク空港のターミナル拡張や運営事業の受注に成功する可能性が高い。

<9706>日本空港ビルデング

羽田空港ビルの賃貸・管理を任されている企業だ。
こちらも、ハバロフスク空港のターミナル拡張や運営事業の受注に成功する可能性が高いと思われるぞ。


一言

梅津哲也氏が「ソ連崩壊後、日ロの交流や投資の盛り上がりは3度ほどあったが、今回は政府も力が入っている。企業もそれを感じており、新たな取り組みへの期待が感じられる」と発表していることから注目したい。

どうでもいい話だが、俺は今風邪を引いてるぜ。
個人投資家の皆、体調管理怠らないように気を付けてくれ。


無料で有益な関連銘柄についての情報を詳しく知りたいなら、俺も参考にさせてもらっているプロ投資家たちの無料推奨銘柄やコラムがオススメだ!下記の投資家たちはどこも有益な情報ばかり配信している。まだなら是非とも無料から利用してみてくれ。

株エヴァンジェリスト
株エヴァンジェリスト


投資の女神こと向後はるみ氏がアドバイザーを務める今一押しの投資顧問サイトだ。向後はるみ氏は株-1グランプリグランドチャンピオン大会も連覇するほどの実力を持ち、彼女の発する言葉は相場をも動かしかねない影響力を持っている。そんな強力なアドバイザーのもと、急謄候補銘柄が毎朝必ず1つ無料で配信されているぞ。そんな高確率で動意づく情報は無料登録のみで入手可能!登録して損はないぜ。

~無料登録手順~
① ページ内の「銘柄を確認する」or「今すぐ無料会員登録」をクリック
② 「ID名」と「メールアドレス」を入力し、登録
③ 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



株プロフェット
株プロフェット

Yahoo!ファイナンス株価予想で伝説の39連勝を達成した経歴をもつ相場の福の神こと藤本プロが、がっつりと繋がりを持っているのが、この株プロフェットだ!
知名度のあるプロの予想が無料登録のみで配信されるサイトはそう無い!かなりの高確率で株価が騰がる銘柄情報を簡単な2手順だけでずっと無料で見られる事からも、絶対的に登録は必須だぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「急騰期待銘柄情報をメルマガで入手する」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



新生ジャパン投資
新生ジャパン投資

この投資顧問の代表でもある前池英樹氏は20年以上の長きにわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれる相場界のレジェンド的存在の人物だ。そんな新生ジャパン投資で提供される無料銘柄は、長期的に見て株価が大化けする銘柄が多く、中にはテンバガーも存在する!過去のアベノミクス相場でもドンピシャのタイミングで急反騰銘柄を的中させており、無料情報だけでも見る価値は充分だ!!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にID名とメールアドレスを入力し、「銘柄情報を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



グラーツ投資顧問
グラーツ

推奨後にかなり高い確率で株価上昇をみせる銘柄を配信する事で業界でも有名なサイトが、このグラーツ投資顧問だ!歌手としても有名なあの「にしきのあきら」さんがイメージキャラクターとして登場しており、提供実績が好調である事もしっかり裏付けされているのがよくわかる!随時更新されている無料推奨銘柄の株価上昇率は80%を超えており、それを見るだけでも無料登録の意味はあるぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「今すぐ大本命銘柄を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる




株マイスター
株マイスター

無料推奨銘柄から、銘柄相談、そして多彩なコラムなど、営業歴の長い投資顧問とあって、そのコンテンツの充実ぶりには圧巻されること間違いなしだ!今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できるぞ。ちなみに、下記のリンク先では、無料推奨銘柄の直近の実績や、銘柄相談の実際の返答内容などがしっかりと紹介されており、どんなサービスが受けられているのかがしっかりと確認できる。ひとまずはそれを確認してから、登録するかどうかを決めるんでも悪くないと思うぜ!



ミリオンストック投資顧問
ミリオンストック

個人投資家のみんなこの男を知っているか?
【橋本罫線考案者】の橋本明男氏。
全体相場の流れ罫線分析を用いて短期的・中期的な視点で相場の展開を解説しているぞ。東証一部の個別銘柄を中心にこれから狙いどころの銘柄を紹介しているぜ。
橋本明男氏は投資顧問歴35年の超ベテラン投資家だ。この業界では知らないものはいないはずだぜ。投資顧問の実績も折り紙つきだ。顧客に利益をもたらさなければ報酬を一切貰わない成功型のスタイルを貫き通し、30年に渡って投資顧問をやっていたことから実績・実力ともすでに証明済み。顧客の信頼を勝ち取ってきた証になるはずだぜ。
さらに、橋本明男氏の相場コラム「わしの罫線」が無料で読める特典つきだ。今なら無料で登録ができるぞ。



株ファイターLINE@

更に情報が欲しい人は、株ファイターの公式LINE@も是非とも利用してみてくれ! 急騰するかもしれない要因になりそうな材料をいち早くお届けするぞ! 材料に関してはブログではあまり触れないからな。 そっちの情報を求めている人には是非とも登録してみてほしい!


※免責事項
当ブログ「株ファイターの株報道」に掲載されている記事は、あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報の基公開されていますので、投資勧誘及び、個別銘柄の推奨や投資助言では一切ありませんのでご了承ください。また、株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログの情報によって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)