B.LEAGUE関連株 プロバスケットリーグ開幕

日本からバスケットのプロリーグB.LEAGUEが9月22日開幕される。Jリーグの創始者川渕チェアマンが日本バスケットボール協会会長として絡んでいることから期待度が高いぜ。このことからB.LEAGUE関連株を今のうちからチェックしとこうぜ。

バスケット

%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88

日本でのバスケット人気はアメリカNBAと違ってまだ人気が低いことから今まで経済効果に無縁だったと考えていた。
だが、今回川渕チェアマンが日本バスケットボール協会会長としてやったことで無縁だったとは言いづらくなったぜ。

それは、大人気のプロサッカーリーグ「J・リーグ」を手掛けた実績があるからだ。


B.LEAGUE誕生

これまで国内のバスケットは実業団チームが中心となった日本リーグの流れをくむNBLと、完全プロ化を目指して日本リーグを脱退したbjリーグがあった。

なぜ2つのが存在していたか?
元々は一つのリーグでしたがプロ化を巡って対立し、2005年に分裂してしまったという。
国内に2つのリーグがあることを国際連盟(FIBA)が問題視したことで、国際大会に日本代表が無期限で出場出来ない処分を受けてしまった。

これを受けて日本バスケットボール協会がリーグ統一のリーダーとして、川渕チェアマンにお願いした結果。
分裂してから約10年後2016年にB.LEAGUEが誕生した。
もちろん統一したことで国際大会の無期限処分もなくなり、リオオリンピックで女子が出場できたことは言うまでもないぜ。


3の使命

・世界に通用する選手やチームの輩出

海外に通用する選手を育てることで莫大な資金が手に入ることで経済を潤すことで、バスケットボール競技力の底上げ・競技人口の裾野の拡大に繋げていく。

・エンターテイメント性の追求

エンターテイメント性を重視することで、勝っても負けても試合を見に行って楽しかったと言ってもらえるような観るものを魅了するプレーをすることで観客増員数を増やす。

・夢のアリーナの実現

夢のアリーナを作り、地域に根差したスポーツクラブになっていく。


経済

チケット販売やTVの放映権やグッズ販売を考えればそれらに関係している企業の株価に影響が出ると考えられるぜ。
もちろん競技人口が増えることで、大手スポーツ用品店の売り上げも必然的に上がってくるはずだ。

それに全国にチームがあることから観客増員数が増えることでその地域の経済効果にも影響があるはずだぜ。

すでに観客増員数1万人が入れる施設を作ったりしている沖縄などが今後注目されてくる可能性が高い。


B.LEAGUE関連株本命

<9984>ソフトバンクG

B.LEAGUEの年間約30億円で複数年契約を結ぶビックなスポンサー契約をしたとともに、PCで視聴できるライブ中継を1部、2部の全試合で実施することもあり個人的には1番の本命株ではないかと予想しているぜ。

その他にも、IoT関連、人工知能関連など幅広い分野で関わっていることから注目だ。

<6952>カシオ計算機

こちらもB.LEAGUEのスポンサー企業であることから注目の銘柄だ。

<3928>アルペン

バスケットボールの競技人口が増えることで大手スポーツ用品店アルペン等の売り上げが上がることが予想できる。

<8281>ゼビオホールディングス

こちらもスポーツ用品大手ってことで売り上げ増加が見込める。


B.LEAGUE関連株中穴

<8399>琉球銀行

琉球ゴールデンキングスのスポンサー。

<2580>コカ・コーラ

レバンガ北海道のスポンサー。

<8550>栃木銀行

栃木ブレックスのスポンサー。

<8331>千葉銀行

優勝候補千葉ジェッツのスポンサー。

<9014>新京成電鉄

優勝候補千葉ジェッツのスポンサー。

<6502>東芝

川崎ブレイブサンダースのスポンサー。

<2432>DeNA

横浜ビー・コルセアーズのスポンサー。

<6503>三菱電機

名古屋ダイヤモンドドルフィンズのスポンサー。

<7262>ダイハツ

滋賀レイクスターズのスポンサー。

<8369>京都銀行

京都ハンナリーズのスポンサー。

<2415>ヒューマンHD

大阪エヴェッサのスポンサー。


一言

これから始める国内の新しいリーグってこともあり株式市場にどのような影響が出るか未知な部分ではあることから短期でみるのもありかもな。個人的には中長期である程度B.LEAGUE関連株をみていこうと思っているぜ。

2016年9月22日開幕だ。開幕試合はフジテレビでも放送することから注目度は高そうだ。


無料で有益な関連銘柄についての情報を詳しく知りたいなら、俺も参考にさせてもらっているプロ投資家たちの無料推奨銘柄やコラムがオススメだ!下記の投資家たちはどこも有益な情報ばかり配信している。まだなら是非とも無料から利用してみてくれ。

株エヴァンジェリスト
株エヴァンジェリスト


投資の女神こと向後はるみ氏がアドバイザーを務める今一押しの投資顧問サイトだ。向後はるみ氏は株-1グランプリグランドチャンピオン大会も連覇するほどの実力を持ち、彼女の発する言葉は相場をも動かしかねない影響力を持っている。そんな強力なアドバイザーのもと、急謄候補銘柄が毎朝必ず1つ無料で配信されているぞ。そんな高確率で動意づく情報は無料登録のみで入手可能!登録して損はないぜ。

~無料登録手順~
① ページ内の「銘柄を確認する」or「今すぐ無料会員登録」をクリック
② 「ID名」と「メールアドレス」を入力し、登録
③ 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



株プロフェット
株プロフェット

Yahoo!ファイナンス株価予想で伝説の39連勝を達成した経歴をもつ相場の福の神こと藤本プロが、がっつりと繋がりを持っているのが、この株プロフェットだ!
知名度のあるプロの予想が無料登録のみで配信されるサイトはそう無い!かなりの高確率で株価が騰がる銘柄情報を簡単な2手順だけでずっと無料で見られる事からも、絶対的に登録は必須だぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「急騰期待銘柄情報をメルマガで入手する」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



新生ジャパン投資
新生ジャパン投資

この投資顧問の代表でもある前池英樹氏は20年以上の長きにわたり数多くの大化け銘柄を輩出し続け、「神がかり」とまで呼ばれる相場界のレジェンド的存在の人物だ。そんな新生ジャパン投資で提供される無料銘柄は、長期的に見て株価が大化けする銘柄が多く、中にはテンバガーも存在する!過去のアベノミクス相場でもドンピシャのタイミングで急反騰銘柄を的中させており、無料情報だけでも見る価値は充分だ!!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にID名とメールアドレスを入力し、「銘柄情報を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる



グラーツ投資顧問
グラーツ

推奨後にかなり高い確率で株価上昇をみせる銘柄を配信する事で業界でも有名なサイトが、このグラーツ投資顧問だ!歌手としても有名なあの「にしきのあきら」さんがイメージキャラクターとして登場しており、提供実績が好調である事もしっかり裏付けされているのがよくわかる!随時更新されている無料推奨銘柄の株価上昇率は80%を超えており、それを見るだけでも無料登録の意味はあるぞ!

~無料登録手順~
① ページ内の入力欄にメールアドレスを入力し、「今すぐ大本命銘柄を受け取る」をクリック
② 直後に送られてくるメールを開き、URLをクリックして登録を完了させる




株マイスター
株マイスター

無料推奨銘柄から、銘柄相談、そして多彩なコラムなど、営業歴の長い投資顧問とあって、そのコンテンツの充実ぶりには圧巻されること間違いなしだ!今なら新規会員限定として株マイスター厳選注目3選銘柄を無料登録だけで入手できるぞ。ちなみに、下記のリンク先では、無料推奨銘柄の直近の実績や、銘柄相談の実際の返答内容などがしっかりと紹介されており、どんなサービスが受けられているのかがしっかりと確認できる。ひとまずはそれを確認してから、登録するかどうかを決めるんでも悪くないと思うぜ!



ミリオンストック投資顧問
ミリオンストック

個人投資家のみんなこの男を知っているか?
【橋本罫線考案者】の橋本明男氏。
全体相場の流れ罫線分析を用いて短期的・中期的な視点で相場の展開を解説しているぞ。東証一部の個別銘柄を中心にこれから狙いどころの銘柄を紹介しているぜ。
橋本明男氏は投資顧問歴35年の超ベテラン投資家だ。この業界では知らないものはいないはずだぜ。投資顧問の実績も折り紙つきだ。顧客に利益をもたらさなければ報酬を一切貰わない成功型のスタイルを貫き通し、30年に渡って投資顧問をやっていたことから実績・実力ともすでに証明済み。顧客の信頼を勝ち取ってきた証になるはずだぜ。
さらに、橋本明男氏の相場コラム「わしの罫線」が無料で読める特典つきだ。今なら無料で登録ができるぞ。



株ファイターLINE@

更に情報が欲しい人は、株ファイターの公式LINE@も是非とも利用してみてくれ! 急騰するかもしれない要因になりそうな材料をいち早くお届けするぞ! 材料に関してはブログではあまり触れないからな。 そっちの情報を求めている人には是非とも登録してみてほしい!


※免責事項
当ブログ「株ファイターの株報道」に掲載されている記事は、あくまでも筆者による個人的見解であり、筆者が個人的に判断した情報の基公開されていますので、投資勧誘及び、個別銘柄の推奨や投資助言では一切ありませんのでご了承ください。また、株式投資は自己判断と自己責任によるものであり、当ブログの情報によって生じたいかなる損害についても筆者は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)